OTHER

Apple Watch体験レビュー

こんにちは。

あっという間に夏は終わり、すっかり秋めいてきましたね。

今回は「Apple Watch」がテーマです。

ちょうど、米Appleが9月13日(日本時間)に開催したスペシャルイベント「Apple Special Event September 2018」でApple Watch Series 4の発表がありましたね。
心電図、ジャイロスコープ機能などの新機能が搭載されたそうです。
ただし、現時点では米国のみなので日本でも使える日が来るといいですね…

最近よく「Apple Watchどう?」と聞かれるので、使いはじめて1年が経過したApple Watch Series 3の基本機能の解説と体験談を書いてみようと思います。

気になるけど、買うまでに至らないという方は以下の理由がほとんどではないでしょうか。

・腕時計は持ってるからいらない
・デザインに飽きそう
・便利さが分からない
・必要性を感じない
・そもそも何ができるの?

私も最初はそんな便利なものなのか?と半信半疑で使用し始め、1年経った今はもうApple Watch無しの生活は考えられません。

そんな、なくてはならない存在の理由は10の基本機能にあります。

1:正確な時計機能
Apple Watchはネットワーク・タイム・サーバーなどを利用して複数のルートからデータを収集して誤差を修正しているため、精度が高い正確な時刻を表示してくれます。※iPhoneとの連携は必須となります。

2:通知確認
Apple WatchとiPhoneを連携して設定すれば、iPhoneに届いたSNS、LINE、メッセージ、アプリなどの通知をApple Watch上で確認可能です。
もちろん通知されるアプリの設定もできるので、必要なものだけ通知をONにできます。
カレンダーに予定を入力しておくことでリマインドもしてくれるので、予定が詰まっている日も安心です。

3:電話の発着信
着信があると振動で知らせてくれるので、電話を取れないことが減りました。
Apple Watchには「電話」アプリがあるのでiPhoneで登録されている連絡先へ電話をしたい場合、相手を選択してすぐに電話をかけることができます。
また、Apple Watch本体にはスピーカーがついているので、Apple Watchでも通話が可能です。

4:Suica、Apple Pay、クレジットカードの利用
簡単にSuicaや電子マネーの登録ができるので、交通機関の利用やショッピングの支払いなどがスムーズです。また、iPhoneを取り出さなくても決済出来るので、荷物が多いときなど両手が塞がっている際に便利です。ただ、Suicaは便利なのですが、改札の向き(バスは左・電車は右)と時計をつける腕によっては、改札を通りづらい+不格好になるのがややマイナスポイントです。

5:Siri
iPhoneではお馴染みのSiriが搭載されています。
メッセージを送る・電話をかける・道案内をするなど、Siriがさまざまなタスクをこなしてくれます。

6:アラーム設定
スマートフォンとは違い、肌に直接つけているので振動をしっかり感じられほぼ100%起きることができます。バイブレーション機能は周りに迷惑をかけず、自分だけが分かるアラームという点も便利です。

7:音楽再生(iPhoneで再生中の曲を再生/一時停止、Quick Play)
iPhoneに保存してある音楽を聴くことができ、プレイリストを同期しておけばiPhoneがなくてもApple Watchで音楽を楽しめます。
再生する曲もApple Watchでコントロールすることができます。
また、Apple WatchとBluetoothイヤホンのペアリングもできます。
さらに、CellularモデルだとAppleMusicのストリーミング再生も可能。

8:時計盤面のカスタマイズ
数多くのデザインパターンがあるので、好みや、ファッション、その日の気分に合わせて文字盤をカスタマイズすることができます。

9:マップ
デフォルトのマップアプリで、自分の居場所から目的地までの道を教えてくれます。
曲がるときは振動して教えてくれるので、通りすぎを防いでくれます。
自転車に乗っている時は超便利です!

10:ヘルスケア
Apple Watchにデフォルトで搭載されている「アクティビティ」と「ワークアウト」。
2つのアプリで簡単に健康管理をすることができます。
「アクティビティ」は、装着している人の体の動きを感知して、カロリー、運動量、どのくらい立っているかを計測してくれるので、ユーザーは自分の健康状態を把握できます。
「ワークアウト」は目標の設定ができるので、運動の種類と目標値を決めて自分に適した運動量を保つことができます。また、睡眠や呼吸の管理もできます。
私は仕事中に「呼吸」の通知を受けることで、落ち着きを取り戻すようにしています。

私は「Apple Watch」を使用することで、大好きな音楽を聴く際や、支払いがスムーズになりました。
また、自分の健康状態を知るきっかけにもなり、1年前より生活が便利で豊かになったように感じます。

ただし、使い始めにアプリ通知を切っていなかったため、「Slack」の通知が大量に届いてしまいました。
アプリ通知は最初にきちんと設定することをおすすめします。