photo-movie

その他

失敗しない。撮影案件の進め方と抑えるべきポイント。

  • 0
  • 0

こんにちは。プロデューサーの津田です。

アーキタイプでは、サイト制作の項目のひとつとして素材制作を行うことがほとんどです。
素材制作の中には撮影、イラスト制作、CG制作、コピー制作、音源制作など様々なものがありますが今回は撮影案件の進め方について書いてみようと思います。

まず、撮影することになったら何をすれば良いのか?

とにかく撮影は確認と事前準備が一番重要です。

何を撮影するのか?
大きく2つに分かれます。

①静止画(スチル)
②動画(ムービー)


素材の使用媒体は何?
Webサイトなのか、サイト以外では広告、カタログなど使用媒体によって、カメラマンのギャランティに変動があったり、二次利用費が発生する可能性があります。
また、媒体によって撮影する画質等にも影響があるので最初に必ず確認が必要です。

出演者は誰?
<出演者がクライアントの社員の方の場合>
スーツ、私服で勤務しているのか、見せたいイメージによって、服装(衣装)が変わってくるので事前に確認しましょう。場合によってはこちらで衣装を用意するのか、出演者の方の準備もあるので早めに確定したいところです。

<モデルを使用する場合>
企業サイトの場合でもブランディングのためにモデルを使用する場合があります。最初にしっかりヒアリングしましょう。
基本的にモデルの使用期間(契約期間)が設けられていることがほとんどなので、最初に期間を決めておく必要があります。
※もちろん費用も変わってきます

企業によっては競合の縛りもあるのでここも要確認です。
その他、オーディションは対面で行うのか書類選考なのかも最初にクライアントと詰めておきましょう。
キャスティング会社にお願いする前提での内容になりますが、上記の条件や、どんなイメージで見せたいかを事前に決めて、そのイメージを基にキャスティング会社と調整を行います。モデル事務所によっては、衣装合わせも稼働と見なされる場合があるので、事前に見積もってもらうことをオススメします。

どこで使用するのか?(Web篇)
Webサイトで使用する場合は、ADやデザイナーとどんな素材が必要か、カットイメージを全て洗い出しておきましょう。

また、ここはテキストが入るから右空け、左空け、ここは企業のロゴ入れたいから正面と斜めからなど後からデザインする時に使いづらい素材にならないように事前に必ず確認しておきましょう。

その上で、どういうシチュエーションで撮りたいのか、作り込んだ方がいいのか自然体がいいのかを絵コンテなどでイメージを事前に決めておきましょう。



撮影の詳細内容を決める

上記である程度、撮影する内容が見えてくるので必要なカット数が決まります。
撮影する内容が確定したら香盤表を作成しましょう。


香盤表とは?
撮影を行なう際に事前に作られたスケジュール表の一種。香盤表には、各シーンごとの登場人物や必要な衣装・小道具・消え物などが事細かく書かれていて撮影を円滑に行なうための重要な資料となる。



撮影を行う上で、すごく重要な香盤表。
ここはとにかく確認、調整です。

各カットイメージによって、1カットの撮影時間がある程度算出されます。
分からない場合は撮影現場経験者やカメラマンに確認しましょう。
香盤表の中に、セッティング時間、撮影時間を細かく記載しましょう。
撮影時間より、セッティングの方が時間が掛かったりするのできちんと事前確認を行い、大きなズレをなくしましょう。

セッティング、撮影時間、休憩、メイク時間、移動時間などの時間を入れていけば大体の撮影時間が算出されますので、集合時間などが決められます。
最初に出演者、スタッフ全員が集合する必要がない場合は各スタッフの入り時間を記載しましょう。
例:ヘアメイク10:30入りなど

また、出演者がクライアントの社員の方などの場合は、時間制限が設けられていることが多いので、何時から何時までは誰が撮影可能かなど、クライアントと事前に調整が必要です。

諸々調整を行い、香盤表が完成、クライアントと最終確認をして合意が取れたら撮影本番を迎えられます。大半が、最初に撮影日が決まっていることが多いので、準備期間がないときは焦る気持ちを押さえて一つずつ確認していきましょう。



撮影当日
おはようございまーす!
撮影メンバーが集合場所に来る前に、できるだけ一番最初に入ってカメラ機材の搬入を手伝ったり、各スタッフをメイクルームや衣装部屋などへ案内します。
早朝撮影の場合は飲み物や軽食なども用意できると良いですね。

本番時間が近づいてきたら、各所の確認を行います。ヘアメイク、衣装、カメラマンなど準備ができているか確認し、OKを出します。

出演者イン!
衣装にゴミがついていないか? 服にシワがないか? 髪の毛のみだれがないか細かくチェックしましょう。撮影が開始したらアートディレクターにお任せしつつも、写ってはいけないものや、次に撮影するものなどに気を配り円滑に回るように動きましょう。
暑いときや寒いときは部屋の温度調整、飲み物の差し入れ、ホッカイロを準備するなど周りに気を配りましょう。

撮影時間が押してしまいそうな場合は、どこで調整できるかをアートディレクターと相談しましょう。
準備を早く行えるように調整する、香盤表通りではなく、その場で臨機応変に撮影順を変えるのも必要になるときがあります。
ロケ場所の時間調整が必要な場合もあるので、その場合は迅速に交渉を行いましょう。

想定外のことが起こり、焦りが出ると現場の雰囲気も悪くなりがちです。そんな時こそ落ち着いて対処しましょう。
撮影をスムーズに行うことも大事ですが、一番はクオリティの高いものを撮影するという目的を忘れずに。

さいごに
撮影というのは、「本番1回きり」です。失敗は許されません。
だからこそ「確認と事前準備が一番重要」なのです。
なので、とにかくできるだけ想定できるものを洗い出し、細かくシミュレーション!これに尽きます。
あとは場数を踏むのみ!

  • 0
  • 0