Recruit
Recruit

DIRECTORディレクター

ありがとうと言われるクリエイティブを目指して

Director

国富 良祐

Ryosuke Kunitomi

岡山県出身。 3年ほどWeb制作会社でBtoB向けサイトのディレクションに携わっていたが 自身のクリエイティブの幅を広げたいと思い転職を決意。 その後、2020年にARCHETYPへ入社。

この業界に興味をもったきっかけと、
ARCHETYPに入社した経緯を教えてください。

物づくりが好きだった、ということがきかっけの一つでした。 幼い頃からネットに触れる機会が多かった、学生時代はプログラムを学んでいたこともあり、「作る・動く」の面白さに影響されました。すごく単純ですよね。でも、コードを書いているうちに、「ターゲットやサイト構造は?」「どうしてこのデザインにするのか?」などを考えるようになり、さらにWeb業界に興味を持つようになっていました。
自分のできる物づくりの幅を広げるために、何ができるか考えている中で様々な挑戦をしているARCEHTYPに出会い「クリエイティブで世界をよくする」というクレドの1つに心を打たれ入社を決意しました。

ディレクターとして普段どんな仕事をしているか教えてください。

普段は新規案件のディレクショや、情報設計を担当しています。 最近だとECサイト構築の案件を担当することもあります。
お客様の抱えている悩みをどの様に解決できるか、もっとよくできるかを 普段から意識しています。そのために、お客様の理解者になり得るようコミュニケーションにも心が得ています。

最後に、あなたが感じるARCHETYPの魅力と
エントリーを考えているみなさまへ一言お願いします。

ARCHETYPはまだまだ成長過程にある会社です。ポジティブな意見や試みにはみんな耳を傾けてくれますし、実際に挑戦させてもらえる環境があるのは社員としてとてもうれしくやりがいを感じらると思います。

エントリーを考えているみなさまへ一言

クリエイティブには情熱が必要だと思います。
今後も世の中の動きに合わせてARCHETYPは少しずつ形を変えていくと思いますが、「クリエイティブで世界をよくしたい」という想いを持った集団であることはこれからもずっと変わらないはずです。その想いに共感してくれる皆さんとぜひ一緒に仕事がしたいです!

メルマガ登録者限定で、
最新ニュースから業界の動向、
求人情報まで毎月1回お届けします。

THANK YOU!
ご登録ありがとうございました。
次回の配信をお待ちください!

ARCHETYPでは、ユーザー体験の改善を目的にCookieを利用します。
詳しくは、プライバシーポリシーをご参照ください。