Recruit
Recruit

PRODUCERプロデューサー

切磋琢磨していくチーム
それがアーキタイプ

Staffing Div.

神谷 修平

Shuhei Kamiya

1985年東京生まれ。 制作会社を経て、ARCHETYPへ参画。Flash(ActionScript)やHTML/CSS/JavaScriptのフロントエンドエンジニアを経て、ディレクターに転向。現在はプロデューサーとして、各事業を横断したプロデュース活動を行っている。

この業界に興味をもったきっかけと、
ARCHETYPに入社した経緯を教えてください。

高校の頃まわりの影響もあって、写真を使った自分のホームページをはじめて作りました。その時に「ウェブデザイナー」という職業があることを知って、これを仕事にできたら楽しそう!と思いデザインの専門学校に進学したのがきっかけです。
ARCHETYPのことは、インターン先の会社に就職し、ひと通りのウェブ制作業務に従事していた頃にデザインポータルサイトを通じて知りました。その後、あるイベントに社長の齋藤が来ることを知って潜入。初めて話しかけた時の最初の言葉が「ファンです!」だったことを覚えています。
入社後はクリエイティブへのこだわりの高さに日々緊張していましたが、切磋琢磨していくチーム感に素晴らしく感動した覚えがあります。

プロデューサーとして普段どんな仕事をしているか教えてください。

現在展開している事業は、大きく3つに分けられます。
「Design」「Customer Success」「Staffing」これらの事業をプロデューサーとして横断し、お客様の要望や課題をヒアリングした上で、最適なソリューションをプランニングしご提供しています。
極端な話ですが、プロデューサーは売り物が決まっていないものを売る仕事だと思っています。
もちろん自社で対応可能な範囲でのプロデュースもありますが、外部パートナーと連携することで仕事の幅は無限大です。
お客様がお持ちの課題や要望をヒアリングさせていただき、その課題に最適なソリューションは何かをとことん考え、その上で、今のお客様に最適なソリューションをご提供する。それがプロデューサーの使命であり醍醐味、やりがいの部分だと思います。
なので時には、お客様のために、現状の課題感や要望自体を否定することもありますね。

最後に、あなたが感じるARCHETYPの魅力と
エントリーを考えているみなさまへ一言お願いします。

ARCHETYPの魅力は、「クリエイティブの力で世界をよくする」というビジョンの実現に向けて、会社・事業部・個人それぞれの力を最大化するための仕組みづくりと支援を積極的に行っているところですね。
大手のような安定感はないですが、組織の成長を肌で感じられる環境です。

エントリーを考えているみなさまへ一言

一緒に切磋琢磨しながら、クリエイティブの力で世界をよくしましょう。

メルマガ登録者限定で、
最新ニュースから業界の動向、
求人情報まで毎月1回お届けします。

THANK YOU!
ご登録ありがとうございました。
次回の配信をお待ちください!

ARCHETYPでは、ユーザー体験の改善を目的にCookieを利用します。
詳しくは、プライバシーポリシーをご参照ください。